避けては通れない悩ましい問題

介護保険請求の手間

介護保険ソフトとは、介護保険請求の業務を効率化していくというサービスです。
利用者や過去に作成した帳簿等も管理することができます。
請求額の算定や、各種ケアプランの作成時間を一気に短縮することも可能です。
基本的に介護業務を効率化するためにシステムが考案されており、様々な機能があります。
しかし、一口に介護と言っても多くの業種があり、介護ソフトは多くの種類が販売されています。
介護を行う現場や規模によっても、必要とされる機能が異なります。
事業所に必要なのは、どのような機能なのか考えて介護保険ソフトを選んでいくことが大切です。

介護保険ソフトには、ASP型と呼ばれるものと、パッケージ型と呼ばれるようなサービスがあります。
パソコンにソフトをインストールして使うものはパッケージ型のソフトと呼ばれています。
パッケージ型は予め多くの機能が搭載されていることが多く、様々な機能を使うことができます。
初期費用は高額になりがちですが、月額料金は発生しません。
ASPというインターネットを通じて介護ソフトを使用するというようなものがあります。
ASP型のというものは、月額料金を支払うことによってサービスを受けることできます。
また、ASP型の場合、サービスを受けるに当たりソフト管理会社の方で様々なアップデートやメンテナンスを行います。
介護保険が法律改正等によって金額が変化しても会社のほうで法改正に合わせたソフトを提供してくれます。
初期費用も殆どかからず、中には0円の所もあるので導入しやすいというメリットがあります。

必要な機能

介護保険ソフトには、保険請求を行うには付いていたほうが良い機能と必ずしも必要ではないが、あると非常に便利という機能があります。ソフトの機能を比べていくことが必要です。

» 詳しくはこちら

注意点

介護の現場で働いている方の多くは、業務の効率化を図るために介護保険ソフトを使用していることでしょう。そんな介護保険ソフトを購入する際の注意点について、紹介しています。

» 詳しくはこちら

ソフトの種類

介護保険ソフトにはASP型と呼ばれるものと、パッケージ型と呼ばれるものがあります。それぞれメリットがあるので、どのソフトを導入する方がいいかメリットを比較して考えることが必要です。

» 詳しくはこちら